1. HOME
  2. ブログ
  3. かゆい湿疹がずーっと続く【アトピー性皮膚炎】

かゆい湿疹がずーっと続く【アトピー性皮膚炎】

赤ちゃんの湿疹がずっと治らないと心配になりますよね。

そんなママに「アトピー性皮膚炎」について詳しくなれる記事をお送りします。

 

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎とは、皮膚が炎症を起こしてつよいかゆみや湿疹、かぶれなどがでる病気です。ひどくなると湿疹がからだのいろいろな場所をうつり歩くようになります。

たとえば、「顔が治ってきたら背中に湿疹が出てきた」というように。これが季節によって症状が変化します。

赤ちゃんの肌は敏感で不安定なので、オムツかぶれや、夏にあせもができやすいですよね。お薬をを塗っても2カ月以上改善が見られない場合は、その湿疹はアトピー性皮膚炎と診断されます。

赤ちゃんは自分でかゆみに対応できないため、かゆい部分をかきむしり、そこから患部が広がったり、他の感染症にかかりやすくなってしまうということも。

そのためママはスキンケアや入浴などに、ちゃんと気を付けてあげる必要があります。

 

アトピー性皮膚炎の原因

アトピーの症状は体内の環境が大きく関わっています。免疫機能が安定していないと、皮膚に炎症がでるというわけです。

そしてアトピー性皮膚炎は、何らかのアレルゲンによって引きこされる場合も。

【生活環境のアレルギー】
家の中のハウスダストやダニ、カビやホコリなどに反応してできる湿疹です。特に、赤ちゃんが寝ている部屋の環境には、気を付けましょう。

ベビーベッドにダニやホコリが多いと、アレルギーを発症しやすくなります。ぬいぐるみや布のおもちゃなども、注意が必要です。

【食物アレルギー】
赤ちゃんの三大アレルゲンといわれる『卵・牛乳・小麦』に反応して湿疹がでることがあります。

 

アトピー性皮膚炎の対処法

【ステロイド外用薬による治療】
ステロイド外用薬は炎症を押さえるためだけの薬で、根本治療にはつながりません。さらに長い間使い続けると、副作用や依存性がでてくるので、お医者さんの指示によって適切に塗ることが大切です。

【保湿による治療】
乾燥しているなら、お風呂上がりに非ステロイドの塗り薬(保湿クリーム・天然のオイル・漢方由来の塗り薬)を塗ることで、症状をやわらげましょう。

【食事療法】
食品添加物・ジャンクフード・油ものをあげすぎることは、赤ちゃんの内臓に負担を与えます。なかなかアトピー性皮膚炎が治らないときは、お菓子の食べ過ぎではないか確認してくださいね。

関連記事