1. HOME
  2. ブログ
  3. ジェルネイルをしていて、亀裂が入った時の応急処置!|ネイリストに突っ込んで聞きたい話

ジェルネイルをしていて、亀裂が入った時の応急処置!|ネイリストに突っ込んで聞きたい話

掃除や荷物を運んでいて、爪に亀裂が入ったり、ジェルネイルの先端が剥がれてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?

ネイルサロンにすぐに行ければ、お直しもしてもらえますが、すぐに行けない時もありますよね。

そんな時に、とっても便利な亀裂を補強してくれるアイテムをご紹介します!!

 

亀裂を補強するアイテムとは

よく絆創膏で覆っておく人も多いと思いますが、今回ご紹介するアイテムは、水絆創膏です!

水絆創膏は、液体状の接着剤のようなものなのですが、これがネイルの補強にピッタリ。水絆創膏の中でも、コロスキンという商品がとても良いです。

 

やり方

 

グリーンネイルなどを防ぐために指先までしっかり洗い、消毒をしてからやりましょう。

亀裂が入ってしまった箇所、先端が剥げてしまった箇所のジェルと爪の間につまようじなどを使って水絆創膏を入れ込みます。

乾くまで爪とジェルネイルがしっかり密着ように、ジェルネイルの上から指でおさえます。

これで完了!!!

グリーンネイルなどになる可能性もあるので、長く付けておくことはオススメしませんが、応急処置にピッタリな方法です!

亀裂が入ってから2週間しっかりついていた!という声も!
※2週間はオススメしません。

接着剤のように、使ったあと固まるということもない水絆創膏!常備しておいても良さそうですね^ ^

 

▼このコラムを書いた人は

宅宮 千紗さん
川口市でホームネイルサロンと、ホームサロン開業スクールをしています。もうすぐ2歳になる子供がいるシングルマザーです!ホームネイルサロンの開業と家庭の両立について、全国に広げていきたいと思っています。

関連記事