1. HOME
  2. ブログ
  3. ハーブで素敵なインテリア「ウォールグリーン作り」|ハーブライフ~素敵な空間とリラックスをお届け~

ハーブで素敵なインテリア「ウォールグリーン作り」|ハーブライフ~素敵な空間とリラックスをお届け~

秋になると気温が安定してきて、植物も活き活きと花や実を付け始めます。

元気に育ったハーブは収穫して乾燥させたり保存料理を作ったり、茎や葉だけでなく根も成長するので鉢植えを取り替えたりと春に続き秋は忙しい季節でもありますね。

 

収穫の秋♪ハーブクラフトの秋♪

お庭仕事が忙しいながらにも、ハーブの香りに癒されて自分自身が元気になることが感じられます。

沢山ハーブが収穫できる秋には、ハーブを使ったクラフト(手作りの製品)作りが楽しめます。ハーブで作るクラフト作りは香りが感じられることもあり、時間を忘れて没頭でき、時に癒され、気持ちを落ち着かせることができおすすめです♪

それでは今日は、ハーブを使った「ウォールグリーン」をの作り方を紹介します。

 

ハーブを使ったウォールグリーンの作り方

まず、ウォールグリーンについて説明します。「ウォールグリーン」とは植物を使用した壁掛けです。

厚みのあるボックスに入ったものから額に植物を飾られた物もあります。今回は写真たてにハーブをくっつけて作ります。

【用意するもの】
・お好みのハーブ(平らな物が付きやすいです)・・・適量
・写真たて・・・1つ
・ボンド・・・1つ

【作り方】


①大きなハーブは台紙の大きさに切ります。写真たての台紙にボンドをぬります。
②ハーブを付けます。
③写真たての枠にはめて乾燥させて出来上がりです。
※ボンドが乾くまで、1~2日は壁にかけないで机の上などで置いて乾燥させてください。
※写真たてのガラスは、香りを楽しみたいので使用しないでください。

右上に使用したハーブは「レモングラス」「ラムズイヤー」を、左下のハーブは「ローリエ」「ベルガモット」「レモンバーベナ」「オリーブ」「ホワイトセージ」でした。

右上のようにシンプルに作るのもモダンで素敵ですが、左下のように沢山のハーブを使っても可愛らしく仕上がります。

使わなかったハーブの切れ端は他のハーブと一緒に一つにまとめて、ミニハーブガーランドにしました。香りもよく、お部屋が更に居心地のいい空間にかわりました。^^

 

一つの思い出作りになるハーブクラフト

ハーブは香りがある事から記憶の中に香りを残し、その香りを覚えます。もし自分の子供とハーブで物を作って、子供が成長の過程でハーブの香りを感じた時に、その時の風景や思い出が思い出せたら幸せではないでしょうか。

ぜひ、皆様もハーブで作るウォールグリーン(植物の壁掛け)に挑戦してみてください^^

 

▼このコラムを書いた人は

白山 美奈子
ハーバリストとして自宅では120以上のハーブを育て活用「ハーブ講師」「ハーブ料理家」として活動中。2児の母。精神が辛い時にハーブと出会い元気になれたことから、資格を取得しハーブの素敵な世界観やハーブのリラックス法を講座やコラムを通してお伝えしています。

 

 

関連記事