1. HOME
  2. ブログ
  3. ハーブドリンクの作り方楽しみ方|癒しのハーブライフ

ハーブドリンクの作り方楽しみ方|癒しのハーブライフ

季節は、梅雨になり夏を迎えようとしています。

6月は節気の上では夏至になります。1年のうちに最も昼の時間が長い時期ですね。この夏至の時には栄養を蓄えた土、そして太陽と水を沢山浴び成長したハーブは葉にも張りがあり元気な時です。

この時期のハーブを楽しまないわけにはいきません^^

 

ハーブドリンクとは

ハーブの楽しみ方の代表的なものといえば「ハーブティー」ですが、ハーブはもっと手軽に美味しくお飲みいただけます。

今回のコラム「ハーブドリンク」は、ハーブをいろいろなジュースにいれて作ります。じめじめした季節も、爽やかでお洒落なドリンクがあれば楽しく乗り切れそうですよね。

簡単で美味しく作れるレシピを考えましたので、ご家族で作ってみてください^^

 

ハーブジュースの作り方

[レモングラス風味の炭酸ジュース]

〈用意するもの〉
レモン系炭酸ジュース・・・100cc(カクテルグラス一杯分)
レモングラス(リラックス効果あり)…1本

①洗ったレモングラスは水けをきり、切れ目を入れて炭酸ジュースにさします。
②マドラーのようにレモングラスを2、3回まぜて完成です。

レモン系のハーブでしたらお子様も美味しくお召し上がりいただけます。大人の方にはローズマリーやベルガモットもいいですね。

[ハーブ風味のアイスティー]

〈用意するもの〉
アイスティー・・・200cc(コップ1杯分)
ローズマリー(脳の活性化作用)・・・5枚
※ハチミツやお砂糖を入れても美味しいです。

①ローズマリーは洗って水けをきります。ローズマリーを手で軽くたたき香りを出したらアイスティーに入れて完成です。
※ローズマリーの代わりにミントを入れても爽やかな香りをお楽しみいただけます。

[バジル風味のトマトジュース]

〈用意するもの〉
トマトジュース・・・200cc(コップ1杯分)
バジル(ホルモンの調整作用)…2枚
塩・・・少々

①バジルは洗い水けをきります。バジルを手で軽くたたき香りを出したらトマトジュースに入れて塩を振って完成です。
※画像左がバジル風味のトマトジュースです。

バジルとトマトの相性は抜群です!塩分も適度に取れて熱中症対策にもなります。また、二日酔い対策にもお勧めのドリンクです。

どのレシピも、ちぎったりたたいたりと細かいポイントが書いてありますが手間と感じる方はそのままジュース混ぜても美味しくお作りいただけます。

まずは美味しさを実感いただき、楽しんでいただく事をお勧めします^^

 

子どもとの楽しみ方

今回のコラムでは火を使わないレシピで、お子様と一緒に作れる安心レシピです。

ハーブをちぎればいい香りが広がります。きっと楽しい時間になるかと思います。ジュースを注ぐ作業は小さいお子様には意外と難しい作業かと思いますが、この機会にぜひお母さんやお父さん、おじいちゃまやおばあちゃまともチャレンジをしてみてください。

上手くコップに注がないとこぼれてしまいますが、それも経験です^^こぼしたときには一緒に掃除をして上手に注げた時には少しオーバーに褒めてあげましょう。

そうすることで子どもの自信になり、小さなことですが子どもの自立につながります。また、できるようになると子どもは見てもらいたいと一所懸命グラスにジュースやお茶を注いでくれるでしょう。

▼このコラムを書いた人は


白山 美奈子 
ハーバリストとして自宅では120以上のハーブを育て活用「ハーブ講師」「ハーブ料理家」として活動中。2児の母。精神が辛い時にハーブと出会い元気になれたことから、資格を取得しハーブの素敵な世界観やハーブのリラックス法を講座やコラムを通してお伝えしています。

 

関連記事