1. HOME
  2. ブログ
  3. 赤ちゃんと一緒に楽しむおうちクリスマス♪|季節を楽しむ!親子でにこにこ☆Happyごはん

赤ちゃんと一緒に楽しむおうちクリスマス♪|季節を楽しむ!親子でにこにこ☆Happyごはん

12月25日はクリスマス。今週末にクリスマスパーティーをやるご家庭も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんと過ごすクリスマスは一生に一度!素敵な思い出を作ってくださいね♪

そこで、今回は赤ちゃんや小さなお子さん向けのクリスマスメニューをご紹介します。

 

手づかみクリスマスプレート

手づかみで食べられるお子さんにはこんな手づかみプレートはいかがでしょうか^^

・雪だるまサンタ
・骨付きハンバーグ
・ポテサラツリー
・ミニトマトサンタ

 

雪だるまサンタ

=材料=

軟飯や普通ごはん  適量
刻み海苔・出しがら昆布
やわらかくした人参
トマトピューレ

=作り方=

  1. 軟飯や普通ごはんは半量をトマトピューレを混ぜて色付けする。
  2. 白ご飯で雪だるまの顔を作り、色付けしたごはんで帽子を作る。
  3. 刻みのりや出しがら昆布、やわらかくした人参で顔のパーツを作る。人参はストローで型抜きするときれいな丸形になる。

 

骨付きハンバーグ

=材料=

ハンバーグだね 1食分
スティック大根 7-8㎝
人参

=作り方=

  1. 骨に見立てる大根はスティック状に切り、やわらかく加熱する。人参はピーラーでリボン状にスライスし、やわらかく加熱する。
  2. 骨に見立てた大根にハンバーグだねをつけ、チキンレッグの形に整える。
  3. フライパンで表のほうを先に焼き、中まで火が通るように焼く。
  4. 人参リボンを大根に巻き付ける。

 

ポテサラツリー

 

=材料=

じゃがいも    30~40g(小1/4個)
マヨネーズ     少々
ヨーグルト     少々
ブロッコリー   3~4房
パプリカ赤・黄、人参、ハム  適量

※黄パプリカはさつまいもでもOK

=作り方=

  1. じゃがいもはやわらかく加熱し、粗くつぶす。マヨネーズとヨーグルトを加えポテトサラダにする。
  2. ブロッコリーはやわらかく加熱し、穂先を中心に食べやすい大きさに切る。
  3. パプリカ、人参はやわらかく加熱し、型抜きで黄パプリカを星形する(1個)。赤パプリカや人参、ハムをツリーの飾りにする。ストローで丸形に型抜きしたり、包丁で小さく刻む。
  4. (1)のポテトサラダを円錐状に盛り付け、(2)のブロッコリーをポテトサラダが隠れるようにのせる。

星形の黄パプリカをツリーの一番上に飾り、刻んだパプリカや人参を飾る

 

トマトサンタ

 

=材料=

ミニトマト 2個
軟飯・普通ごはん 適量
黒ごま

=作り方=

  1. トマトの上部に切り、顔の部分をごはんで作り、トマトの上部を帽子にする。
  2. 帽子のポンポンとサンタの服のボタンを米粒で作る。黒ごまで目を付ける。

 

離乳食deクリスマス

もう少し低月齢のお子さんにはこんな離乳食はいかがでしょうか^^

・ほうれん草粥のツリー
・豆腐のプレゼント

  • ほうれん草入りのおかゆをツリー状に盛り付け、フォークの背でつぶした人参やかぼちゃ、
  • 星形に型抜きしたさつまいもでツリーを飾り付け。
  • 絹ごし豆腐を1.5~2㎝角切りにして刻みのりを十字に巻き付ければプレゼントの出来上がり♪

・かぼちゃとお粥のツリー
・トマトと豆腐のブーツ

  • おかゆを皿に広げ、ツリー形の型抜きを置き、かぼちゃペーストをツリー形にのせる。
  • ブーツの型抜きでトマトペーストをブーツ形に。

100円ショップにクリスマス仕様の型抜きや小皿があるので、こういったグッズを活用すると低月齢の赤ちゃんでも離乳食を楽しむことができますよ。

 

いかがでしたか。ちょっと細かい作業もありますが、こんな風にすると赤ちゃんや小さなお子さんたちもクリスマスを楽しめるのではないでしょうか。

今年のクリスマスも笑顔いっぱいで過ごせますように♪

 

▼このコラムを書いた人は

山口 まゆみさん
管理栄養士・幼児食アドバイザーで2児の母。所沢市内でママとベビー&キッズのための料理教室「スマイル☆キッチン」を主宰。コラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園主宰の料理教室の講師、市の健康診断での栄養相談など、幅広くフリーで活動中。近著に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』、『作り方・進め方が1冊でわかる 【決定版】はじめてのおいしい離乳食』。

 

関連記事