「兼ねる」でスペースにも優しい防災備蓄~アウトドア用品の活用~

近年、毎年大きな自然災害があり「防災グッズを揃えなくては!」と感じている方も多いのではないでしょうか?

でも、災害時にだけ使う防災用品に、貴重なスペースを使うのはもったいないと感じるお宅もあるでしょう。我が家は、キャンプが趣味の一つ。

そのキャンプ用品は、防災用品としても活用できるものが多く、趣味と防災を兼ねることで、スペースにも優しいと感じています。また、キャンプ時に定期的に使用することで、各アイテムに慣れておくことができ、いざという時にもサッと使うことができるというメリットも。

そこで今回は、アウトドア用品と兼用できる防災アイテムをご紹介いたします。

1.ランタン

防災グッズで灯りといえば、真っ先に思いつくのが懐中電灯ではないでしょうか。しかし、ランタンの方が、懐中電灯よりも広い範囲を照らすことができるのでおすすめです。

また、暗闇の中での移動やトイレなども想定すると、ヘッドライトも備えておくとより安心です。ろうそくやオイルランタンに比べ、火災の心配がないのもいいですね。

2.ガスバーナー

ガスバーナーがあれば、避難時であっても、温かい飲み物を飲んだり、食品を温めたりすることができて、心も体も落ち着きます。カセットボンベとセットで備えておきましょう。

ちなみに、カセットガスにはCB缶とOD缶の2種類あります。

CB缶:スーパーやコンビニでも販売されており、価格も安く、手に入りやすいガスボンベ。家にあるカセットコンロと燃料を兼用して使うことができるので、燃料の備蓄がしやすいです。一方、低温下では火が付かないという欠点があります。

OD缶:低温下でも点火できます。しかし、コンビニやスーパーでは取り扱っていないことが多く、価格も高いのがデメリットです。

それぞれの特徴を知った上で、お住まいの地域の気候や自分に合ったものを備えておきたいですね。

3.寝袋(シュラフ)

災害時、避難所に辿り着いても寝具の枚数が足りなくて自分たちにまで回ってこない、という可能性は大いにあります。寝袋を、普段からアウトドアグッズの一つとして持っていると安心です。

4.テント

コロナウイルス感染防止の面から密を避ける必要もある今、避難所の環境はより一層難しくなっています。

避難所によってはテントの持ち込みが禁止されている場所もありますが、小さい子のオムツ替えや着替えなど、他人の目線を気にせずに済むプライベート空間が一つあると安心ですね。簡易式のポップアップテント一つあるだけでも、かなり違うはずです。

5.クーラーボックス

電気が止まった際にも、クーラーボックスと保冷剤があれば、冷蔵庫の中の食品を保存することができます。ちなみに、我が家では、キャンプ用の保冷剤と水を入れたペットボトルを、普段から冷凍庫に常備しています。

災害時にあると心強いアウトドアグッズ。せっかくなら、アウトドアと防災で兼用できるものを用意し、スペースにも優しい防災備蓄をしてみてくださいね。

村田 美智子

Sukkiri-Style(整理収納・育休ママコーチ)元小学校教諭歴14年。
自身の両立に悩んだ経験から、「ママだけが頑張らない!家族参加型お片付け」のご提案と、最短ルートでの育休復帰サポートで、働くママの両立を応援している。防災備蓄収納1級プランナー。

関連記事

子育てコラムを読む

最近のコラム おすすめコラム
  1. 防災の大切な3つの備え

  2. ぼんじがだいじぃ ゆるっと身体コラム【写真でハッとママあるあるの姿勢】

  3. 防災だけでなく感染症の備えにも!いつもの食事に取り入れたい「ローリングストック」

  4. \みんなの思い出教えてー♪/おいわいしたよ!

  5. ぼんじがだいじぃ ゆるっと身体コラム

  1. 登録されている記事はございません。