1. HOME
  2. ブログ
  3. ツライつわり中ー妊婦さんの過ごし方ー

ツライつわり中ー妊婦さんの過ごし方ー

『つわり』とは、妊娠がわかって7週目くらいに訪れる吐き気やだるさ、においに敏感になるなど不快な症状をのこと。

いったいこのつわりはいつまで続くの?と悩まれる妊婦さんも多いでしょう。つわりツライですよね。

症状や対処法ついてまとめてみました!

 

悪阻(つわり)はいつからいつまで?

早い人では妊娠4週ごろから、一般的には妊娠7週ごろから始まり、12~17週ごろに落ち着くと言われています。

個人差もあり、なかにはつわりを感じない人もいれば出産までつわりに悩まされる人も。つわりは病気ではないので自然に治まるのを待つしかありません。

しかし、妊娠中は何が起こるか分からないため、無理は禁物。つわりがひどい場合は、早めに周囲へ相談して仕事内容を変えてもらったり、休みを取らせてもらったりして、つわりを乗り切りましょう。

 

つわりの症状と対策

つわりの症状は人それぞれですが、代表的な症状が「吐き気や嘔吐」、「においに敏感になる」、「常に何か食べてないと気持ち悪い」、「眠気」、「イライラ」、「頭痛」など。

症状別に対策をご紹介します!

吐き気や嘔吐『吐きづわり』

常に気持ち悪く、食べ物は受け付けられないでしょう。脱水になりがちなので、少しでも水分をとるようにしてください。できれば空腹も避けたほうがいいので、回数を増やして少量をたくさんとるようにすることをおすすめします。
そうめんやアイス、冷やしたフルーツやトマトなどは栄養も取れておすすめですですが、まずは食べられるものから口にしてみて◎

常に食べていないと!?『食べづわり』

空腹になると気持ち悪くなってしまうという症状です。食べづわりの時は1回に食べる量を多くしてしまうとカロリーを取りすぎてしまうので小まめに食べることが大切です。小まめに食事を取ることで、空腹による気持ち悪さの時間を短縮することもできます。炭水化物や脂質多めの食事に偏りがちなので魚、肉など「たんぱく質」を積極的に取るよう心掛けましょう。

地味にツライ『においつわり』

匂いに敏感になり特定のにおいを嗅ぐと気持ち悪くなります。なので臭いを軽減する対策を万全にすることが大事です。具体的には、マスクや鼻栓をしたり、好きな匂いをつけたタオルやハンカチを持ち歩いたりしてみると良いです。柑橘系のオイルはおすすめ。また冷蔵庫のにおいやご飯の炊ける匂い、料理中のにおいが駄目になる方も多いです。その場合は宅配サービスを利用するなどして無理をせず過ごしましょう。

1日中眠い…『ねむりつわり』

しっかり睡眠をとっても1日中眠くてぼーっとする、身体のだるさも感じる症状です。無理のない範囲で身体を動かすなどして気分転換をしましょう。手足を大きく動かしたり、立ち上がる動作だけでも◎重度の症状の場合は車の運転など危険なのでは控えた方がいいと思います!

 

つわりはツライ!

症状別に対策などまとめてみましたが、共通して言えることは『無理しない!楽していい!』です。

家族や親しい周りの方には甘えましょう。自分だけで乗り越えようとせず人に頼る事も大事です^^まえみたいに家事や仕事ができなくなるのは仕方ありません!あまり気落ちせず、気分転換をしてストレスを溜めないようにしましょう!

辛く苦しいつわりにも終わりはきます。つわりが終わったら食べられなかった美味しい物や買い物も楽しめるようになります♪これから産まれてくる赤ちゃんの準備もますます楽しいものになるでしょう!!

関連記事