食事のお悩みについて|子どもの才能は無限大!子どもの能力を伸ばす遊び、声かけコラム

今月のキラリズムコラムは
【食事のお悩みについて】です(^^♪

 

全く食が進まない
座って食べられない
すぐ遊び始める
お菓子、ジュースばかり欲しがる

という質問が離乳食も完了期になってくるとよく聞きます!!
まず食事を見直す前に我が子のお腹が空く時間を把握していきましょう!!

 

 

朝からお腹すく時間を把握してみる

10か月~を過ぎてくると自分時間が少しずつできてきます!!

ママとパパがお腹がすく時間が違うように、子どもとママとのお腹が空く時間が違ってきます!!

 

多くのママは3回食とかになった途端、時間を意識しご飯を食べるようになってると思いますが、ママ軸になってませんか!?

 

1日だけでよいので、朝から子どもが『お腹すいた!』『お菓子たべたい』という時間を把握してみてください!時間を把握したら、その時間にご飯を出せるように用意してあげましょう!

 

 

座ってられるのは長くても20分!!

次は、子どもがご飯を食べきれる量を把握してあげましょう!

本に書いてある〇グラムを基準にするのではなく、どんなに少なくても我が子が確実に完食できる量を用意してあげましょう!

 

子どもがご飯に集中できる時間は10~20分程度!!

それ以降の遊んで食べる時間はどんなに長く食べさせても栄養になりません!!

 

 

食べ物、スプーンで遊び始めたらごちそうさまの合図

小さいお友達はお腹いっぱいという概念がまだありません!!そのため、食べ物やスプーンで遊び始めたら『もう要らない』のサイン!

 

『もういらないの?もっと食べよう!』とダラダラ声掛けるのでなく、速やかに『ごちそうさまね』と片付けしてしまいましょう!

最初は『(遊びたいから)嫌だ!!』というかもしれませんが、ここはママの気持ちを無にしておしまいにしましょう!!

 

3回目くらいから『遊んだら片付けされる』という概念がつき、遊ぶ行動が減ってきます!!

 

【食事は楽しく!笑顔ですすめましょう!】

いろいろ話ましたが、食事は楽しく!ママとパパが笑顔で食べてたら、子どもも食べるようになります!!

我が子のペースで進めてあげてください!