ハーブ&スパイスの写真立て作り方・楽しみ方NO.2|癒しのハーブライフ

日に日に葉っぱが色つき過ごしやすくなります。食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と様々楽しめる季節です。皆様は、どのような秋を楽しまれていますか。
私は職業柄か、貧乏性なのか^^;秋に実った沢山のハーブを見ると愛おしく癒され捨てるのがおしくなりリースや新しい小物作りを考え作ります。この季節は沢山の香りを感じられ、その香りに秋を満喫します。

そんな私の今回のコラムの内容は、ハーブ&スパイスの写真立ての作り方のご紹介です。昨年に引き続き、第2段です!詳しくご紹介します!
(前回のコラムはこちら
https://saitama-mama.com/repo/kirari2018/16696)

 

ハーブ&スパイスの写真立ての作り方

ハーブとスパイスで作る写真立ては香りもいいですし、消臭効果があります。
材料にこだわれば虫よけの写真立てとしてもお楽しみいただけます。
お庭に茂ったハーブや、飲みきれなかったハーブティーパックやスパイスを是非ご活用いただけましたら幸いです。

それでは作り方を紹介します。

[材料]
・写真立て~1つ
・木工用ボンド~1つ
・ハーブ〜2種類
・スパイス~2種類
※今回使用したハーブは「ラベンダー」「レモンユーカリ」
※今回使用したスパイス「ブラックペッパー」「シナモン」


※材料の写真です

[作り方]
①写真立てのガラスを取ります。台紙に2本線を描きます。
※これはハーブを置くときにの目じるしの為です。

②写真立ての台紙にボンドを一か所塗ります。そしてラベンダーを乗せます。


2か所目もボンドを塗りユーカリを乗せます。三か所目にはブラックペッパーを乗せます。

 

ブラックペッパーの少し上のあたりにシナモンをボンドでつけて乾燥させて完成です!

しっかりとハーブが写真立てにつくまで平らな所に置いて乾燥させてください。
すぐに壁にかけてしまうと、ハーブやスパイスが落ちてしまいます。
乾燥した事が確認できてから、壁に飾ってお楽しみください。

飾ることでの注意点は、日の当たらなく湿気の少ない場所に飾ってください。
日が当たることですとハーブの色が変色してしまいます。それを防ぐために必ず日光が当たらない場所に置いてくださいね。
また、湿気の多いお風呂場の近くやトイレなどはハーブにカビが生えてしまいます。
せっかくの作品が早くに傷んでしまうと残念ですですよね。
湿気の少ないリビングや寝室や玄関などが飾るのにはおススメの場所です。

ぜひ長い期間、素敵な壁掛けをお楽しみください^^

 

ハーブを沢山使用したバージョンのハーブの写真立て

ハーブを沢山使用したバージョンのハーブの写真立ての紹介です。

この壁掛けは9種類のハーブとスパイスを使用しています。ハーブやスパイスの数が多いほど素敵な作品が出来上がります。

また、スパイスだけでもエキゾチックな写真立てができます。
写真立てはシンプルなものだけではなく、カラフルなもので作っても素敵です。
装飾を施しても個性的ですね。

今回はハーブにこだわり作りましたが、すでに完成されているポプリを敷き詰めるのもお洒落に仕上がります。

ハーブにこだわり作りたい方は虫よけを重視し、「レモンユーカリ」「ピレスレム」「ペニーローヤルミント」「ゼラニウム」「ローズマリー」「ティーツリー」でお作りください。
インターネットでもハーブショップは沢山ありますので無理なくぜひお取り寄せしてみてください。

またスパイスはブラックペッパーやシナモンだけでなく、「スターアニス」や「クローブ」や「ローリエ(月桂樹)」や「カラーペッパー」を使用しても素敵です。

写真立ての香りが足りないと感じる方は、お好きなアロマオイルを2~3滴たらしてさらにオリジナルな壁掛けをお楽しみいただけます。

香りを感じる鼻と神経がめぐる脳はとても近くにあり、直接的に過敏になった神経を沈めてくれます。そのため、生活に香りをプラスするということはリラックスをすることを脳が学ぶきっかけになります。
心地いいと感じる香りを写真にプラスしていただき、さらに快適な時をお過ごしいただけましたら幸いです。

 

冬まであっという間です。
皆様にとって今年の秋が、癒され幸せが多い季節になりますように。

 

 

投稿者プロフィール


白山美奈子

トータルハーブコーディネートHERBAを主宰しています。ボランティア活動から企業様向けハーブレシピ開発や各会社様へ出張ハーブ講座、
また講師向けハーブコーディネートスキルアップ講座を開催しています。
■HP
https://mother21.jimdo.com/